読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「貸して」という名の強奪

育児 育児-子育て支援センター
スポンサードリンク

こんにちは、うにです。

今日も子育て支援センター行ってきました。

支援センターでは子どもどうしのおもちゃの取り合いがよくありますが、

基本的に私は何も言わずに見守っています。

娘がよその子のおもちゃを取った時には注意しますけどね。

 

 そして今日もいつものおもちゃの取り合いがあったのですが

 

f:id:uni1237:20160902202414p:plain

f:id:uni1237:20160902202423p:plain

 

えええーーーーー。

もう、「貸して」と言えば何でも手に入る感じをやめてほしい。

「どうぞ」と言えない側が悪者になる感じもやめてほしい。

 

この話は前にも書いたけど


「貸して」と言っておもちゃを取っていくのは強奪と一緒。

今日の相手に「どうぞ」を強制させる感じはかなりモヤっときました。

 

その時わたしは娘に「どうぞして」なんて言わなかったけど、

「こっちのおもちゃで遊ぼうか」って別のおもちゃを娘に差し出しました。

結局娘のおもちゃを取られることを了承した形になってしまったので、娘ごめんねという気持ちになりました。

 

 

大人だって他人に自分の物を突然取られるのイヤでしょ。

なのに周りから「あげないとダメなんだよ」って非難されるのっておかしいでしょ。

でもそれを大人が子どもにこれは正しいことなんだよって教えているこの状況。

 

私もまぁ、Eテレのすくすく子育てを見るまでは知らなかったんだけどさ。

もっともっと「貸してどうぞのやり取りをなくそうぜ」という考えが広まったらいいなと思いました。

 

おわり。ではまた!