読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3回目の心療内科

メンタルクリニック初診から約3か月が経ちました。

鉄剤をもらってからだいぶ体が楽になり、もう病院行かなくていいんじゃない?と思えるくらいにはなったのですが、体調は日によって変わり、やっぱり向精神薬もらった方がいいかも…と考えるような時もあります。

先日3回目の受診をしてきました。

 

自分のしんどさに納得できない

私が言う体調不良は「なんとなく体がだるい。しんどい。」です。

自分自身このあいまいな状態が好きじゃありません。

「頭が痛い」「お腹が痛い」「熱が出た」

などハッキリしたものではなく、頭がぼーっとして体がだるい。

のどが痛いというわけでもないのに喋ることすらしんどい。

そういうよくわからない体調不良が自分でイヤになります。

時々「これは気のせいなんじゃないか?自分でしんどいと思い込んでいるだけなんじゃないか?」と思ってしまいますが、でもやっぱり動けない。

動けない日は娘に一日中テレビを見せている状態で、それがすごくイヤ。

なんでできないんだろうと落ち込む時があり、それを回復できるお薬があればもらおうかなと思っていました。

 

 

医師との面談

f:id:uni1237:20161108133006p:plain

 

医「うにさん、その時はしっかり休めましたか?」

私「はい。」

医「お子さんは大人しくテレビを見ていましたか?」

私「はい。」

医「それは良かったですね!」

私「…?」

 

医「しんどい時はしっかり休んでください。無理をしたらもっと悪くなります。お子さんもテレビを見てくれていたんだし、それは良いことですよ。」

 

医「昔は両親、祖父母、兄弟、近所の人・子どもなどたくさんの人で子育てをしていました。それを今は母親一人でやるというのはとても大変なことなんですよ。」

 

医「子育てのハードルを下げてください。減点法じゃなく加点法で考えてくださいね。」

 

そういうアドバイスをもらい向精神薬についての説明も受け、いろいろ相談したのち、とりあえず心のお薬は保留することにしました。

 

【向精神薬について】

私は症状が重い日だけ薬を飲みたかったのですが、それは無理とのこと。

とりあえず毎日薬を飲んで血中濃度を上げないといけないらしい。

でもそれに慣れたらしんどい時だけ薬を飲むということも可能。

 

正直、毎日飲むくすりにちょっと抵抗があるんです。

一度飲み始めたら一生飲まないといけなくなるんじゃないかとか考えちゃって。

もちろんそんなことはないんですけどね。

飲むか飲まないかって考えるとやっぱり飲まなくて済んだ方がいいし。

 

で、今回は先生とお話してモヤモヤが晴れたので薬はナシにしました。

やっぱり専門医に話を聞いてもらえるとすごく楽。

頑固でガチガチな私の頭をやわらかくほぐしてあたためてくれるかのよう。

 

育児はいろんな人に頼りまくってください・一時保育もとても良いことだと言われました。

今回も鉄剤を処方され、診察は終了。

費用は診察と投薬で約2,000円。

 

 

一つだけ不満なこと

今通っているメンタルクリニックはとても良い病院です。

バンバンお薬を出すわけでもなく、最終決定は患者自身にゆだねてくれる。

優しくてとても良い先生。スタッフさんの印象も好き。

でも一つだけ不満なことがある。

それは先生が言ってもいないことをあたかも前回僕言いましたよね?みたいなところ。

 

医「呼吸法はやってますか?」

私「え、呼吸法…?」

医「僕言いましたよね?あ、でもいいですよ」

 

言ってないし!!私は聞いたことをすぐにメモするし、呼吸法なんて聞いてないよ!

たぶんね、先生はいろんな患者さんに同じことを説明しないといけないから、自分で言ったつもりで言ってないことがあると思うんです。

お酒、カフェイン、睡眠、運動など、うつ状態の人に言うアドバイスって毎回同じだろうし。

それを「僕言いましたよね?」って付け加えられるのがなんかイヤ。

でもそういうふうに言われたら「あ、すみません、気を付けます。」とか言って適当に流すんですけどね。

不満はそれだけ!

 

 

さいごに

f:id:uni1237:20161108140653p:plain

ムリムリムリムリ~~~!!!

そういうのできたら最高なんだけどね。

 

まだしばらくメンタルクリニック通います。

初診はものすごく緊張で不安だったけど、慣れてきました。

今では鉄剤もらうついでにちょっと不安な気持ちを聞いてもらうみたいな場所だと思っています。

 

ではまた!

 

 

***関連記事***